食べ過ぎた日、翌日のリカバリーケア

ダイエット中ではなくても、食べ過ぎた当日は「何かしらのケアをしないと…」と焦ってしまうもの。

しかし間違ったケアをするとかえって代謝を低下させ、脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。

ドカ食いで太らないためにはどうしたら良いのか、食べ過ぎた当日と翌日のケアに着目して詳しく解説します。

 

 

 

<食べ過ぎた日にするべきボディケア>

 

 

早めに寝る

ドカ食いしてしまうと、「カロリーを消費するために動かないと!」と慌ててしまいますよね。

しかし食べ過ぎた直後は、胃腸が一生懸命働いて食べ物を消化しています。

そんな時に動くと消化不良を起こし、かえって代謝が落ちて脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

食べ過ぎてしまった日は慌てず騒がず、胃腸が消化に集中できるように早めに就寝しましょう。

 

体の右側を下にして寝る

食べ過ぎた後に横になる場合は、体の右側を下にして寝るようにしましょう。

こうすることによって胃腸の動きを促したり、肝臓の血流をアップして代謝を促進することができます。

「お腹いっぱいで動けない…」という時も、右側を下にして20分ほど寝転がっておくだけで楽になりますよ。

さらに頭と足を少し高くした状態で寝ると、内臓全体の血流が良くなるので効果的です。

 

カリウムと水を摂取する

食事量が増えた日は、おのずと塩分も摂り過ぎているもの。

そのままでは体がむくんで代謝が落ちてしまうので、塩分排出作用のあるカリウムと水を積極的に摂るようにしましょう。

カリウムはバナナやスイカ、ヨーグルトなどに多く含まれているのでデザートとして食べると◎。

満腹で食べれない場合は、コップ1杯の水だけでも飲んでおきましょう。

 

お風呂よりシャワーが◎

食べ過ぎた直後に入浴する場合は、お風呂ではなくシャワーですませましょう。

なぜなら湯船に浸かると胃腸に負担をかけて、消化を遅らせてしまうためです。

ただし食べてから3時間以上経って胃も体も楽になっているなら、お風呂に入ってOKです。

代謝をアップさせるために水を飲み、ぬるめのお湯で半身浴を行いましょう。

 

 

<食べ過ぎた翌日にするべきボディケア>

 

 

食物繊維を摂る

ドカ食いをリセットするためには、翌日のケアも大切です。

食事の量は控えめにしつつ、余分な脂肪や老廃物を排出させる食物繊維を意識的に摂るようにしましょう。

中でもカロリーが低いこんにゃくや海藻類がおすすめです。

 

有酸素運動をする

食べ過ぎた当日にゆっくり休んだ分、翌日は運動でエネルギーを消費しましょう。

ただしまだ胃腸は万全でないため、激しい運動は禁物です。

 

 

 

ウォーキングや軽めのジョギングなどの有酸素運動を20~30分ほど行って、代謝を促進させましょう。

ホームケアにぴったり!ホットタオル活用法

肌の健やかさを保つためのホームケアはたくさんありますが、中でもとくに人気が高いのが「ホットタオル」を使ったケア方法です。

電子レンジでチンするだけで、簡単に作ることができるホットタオル。

ホットタオルを120%活用して、健やか肌を守っていきましょう。

 

今回は、日々のスキンケアに取り入れたいホットタオルの使い方をご紹介いたします。

 

 

<ホームケアにぴったり! ホットタオルの使い方3つ>

 

1. 朝のパンパン顔に効果◎ むくみの解消

朝起きて鏡を見ると、顔がパンパンにむくんでいてビックリ……!

このような経験は多くの方がしているでしょう。むくみは血行が滞り、余分な水分や老廃物が溜まってしまうことで起こるもの。

「時間が経てば勝手に治るでしょう」と放置してしまうと、脂肪と結びついてセルライトへと進化してしまいます。

 

このような恐ろしい事態を避けるためには、その日のむくみはその日のうちに解消することがポイント。

朝のむくみを放置せず、ホットタオルでのケアでスッキリ顔を取り戻しましょう。

むくみ解消の方法はとても簡単で、ホットタオルと冷水を交互に顔にかけるだけ。

 

ホットタオルを顔にのせてしばらく経ったら冷水で顔を流し、そのあとにもう一度ホットタオルをのせます。

温めて冷やすのを交互に行うことで、血管が開いたり縮まったりして、血行促進効果が期待できます。

 

2. 洗顔前に取り入れたい! 大人ニキビの予防

皮脂が過剰分泌して毛穴に詰まり、それが炎症を起こすことでできてしまうニキビ。

ニキビは一度できてしまうと治るまでに時間がかかり、赤く腫れて炎症すると跡に残りやすいという特徴があります。

そのため、ニキビの悩みを解決するためには、いかにニキビを治すかではなく、新しいニキビを作らないようにするケアを重視することが大切です。

 

そこで活躍してくれるのが、ホットタオル。

ホットタオルを顔にのせると、温かい蒸気によって毛穴が開き、中に詰まっていた皮脂や汚れを落としやすくなります。

 

 

3. ブツブツの黒ずみ鼻とおさらば! イチゴ鼻予防

ファンデーションを厚く塗ってもなかなか隠しきれないブツブツのイチゴ鼻を予防するためにもホットタオルが活躍してくれます。

毛穴の黒ずみは、皮脂が過剰に分泌してそれが毛穴に詰まり、酸化してしまうことが原因。

 

これを解消するためには、ホットタオルで肌を温め角質を柔らかくし、毛穴を開いてから洗浄するのが効果的です。

ニキビ予防と同じようにホットタオルを肌の上にのせ、じんわりと肌が温まったことを感じたら、洗顔料をたっぷりと泡立てて優しく洗顔を行いましょう。

 

ぬるま湯で顔をすすいだあと、氷水で濡らしたタオルで肌を引き締めると毛穴の開き予防にもつながります。

 

 

<ホットタオルの温かさをキープするためには?>

 

ホットタオルの温かさをできるだけ長くキープするためには、肌にのせたホットタオルの上に、もう1枚タオルをのせておくのがおすすめです。

乾いたタオルでホットタオルにふたをすることで、蒸気が閉じこもるためより長く暖かさを保つことができます。

 

また、ホットタオルを作るときには、できるだけ厚手のタオルを選ぶのもポイントの1つです。

家にあるものだけで手軽に作れるホットタオルには、さまざまな使い方があります。

 

 

むくみやニキビ、イチゴ鼻などの肌悩みを解消するためにも、日々のケアにホットタオルを取り入れていきましょう。

ザラザラすぎて笑えないお尻になってない?ザラつきお尻に解消方法

「お尻がザラザラしていて肌触りがよくない」「なぜかお尻にニキビができてしまって痛い」このようなお悩みを抱いている女性は多いもの。

 

 

 

 

 

顔やデコルテなどの肌に比べると、人の目にはつかないからこそ油断しがちですが、お尻にザラつきがあると、女性としての魅力が下がったようで気になってしまいますよね。

ツルンとした赤ちゃんのようなお尻をゲットするためにも、お尻がザラつく原因を突き止めて、ケアを行っていきましょう!

 

 

 

<ザラザラぶつぶつ……お尻のザラつきの原因とは?>

 

・長時間のデスクワークによる圧迫や摩擦

仕事上デスクワークが多いという女性に多いのが、長時間座りっぱなしの状態が続くことでお尻が圧迫されて摩擦が起きてしまい、肌がザラつくというもの。

硬い椅子に座っていたり、何時間もずっと座り続けていると圧迫が強くなって、肌を守ろうと角質が硬く厚くなってしまうのです。

 

・下着やストッキングによる蒸れ

体型を補正するような締め付けの強い下着や、通気性の悪い下着、ストッキングなどによる圧迫があると蒸れが生じ、お尻の肌環境が悪化してニキビや炎症が起こりやすくなります。

また、下着などによる締め付けも、角質を硬く厚くする原因になるため注意が必要です。

 

・衣服などの摩擦による乾燥

サイズの合っていない下着や固い素材のパンツなどを着用していると、摩擦によって肌が乾燥し、よりザラつきが起こってしまいます。

手や脚などが乾燥するとザラつくように、お尻の肌も乾燥によってザラザラとした肌触りになってしまうのです。

体を洗うときに、ナイロン製のタオルでゴシゴシと強くこすったりするのもNGです。

 

お尻のザラつきを改善するための方法は?

 

・ターンオーバーを整える

お尻のザラつきを改善するためには、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを整えることが大切です。

ターンオーバーは、加齢や生活習慣の乱れによって崩れてしまうもの。

 

バランスの良い食事を心掛けたり、質の良い睡眠をとったりして、ターンオーバーを整えていきましょう。 また、ターンオーバーを整えるためには、毎日の入浴が重要なポイント。

ゆっくりとリラックスしながら湯船に浸かることで体が内側から温まり、血行促進や自律神経を整えることに繋がります。

血行や自律神経は、ターンオーバーの正常化にとても重要なもの。

毎日の入浴を習慣化して、体の内側からお尻のザラつき改善を目指しましょう。

 

 

 

・スクラブケア+保湿ケアを取り入れる

お尻のザラつきの大きな原因として、厚くなった角質が挙げられますが、これを改善するためにはスクラブを使ったボディケアも有効です。

ただし強くこすったり刺激の強いアイテムを使用すると、肌が傷んでしまう可能性もあるためマッサージする程度の力加減で行い、肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。

 

また、スクラブケアのあとには、普段以上に入念なボディケアを行うことが大切です。

ボディオイルやクリームを使用して、お尻をきちんと保湿しましょう。

 

普段は人目に付かない部分ですが、これからの季節は海やプールなど、水着を着る機会も多くなりますよね。

しかし、お尻にザラつきがあっては、水着を思い切って着ることができません。

 

夏本番がやって来る前に、ツルツルのお尻をゲットしましょう。

洗顔も?シミを濃くするNG習慣とは

女性にとってシミはどうしても気になってしまう肌トラブルの1つですよね。

少しでも薄くしようとケアに励んでいるとう方も多いでしょう。

 

 

 

 

しかし、シミ解消のために行っているつもりのスキンケアが、実はシミを濃くする原因となっていることがあります。

今すぐに改善していかないと、シミだらけの老け顔となってしまうかもしれません。

 

毎日のスキンケアを見直して、シミによるお悩みを改善していきましょう。

つい勘違いして行ってしまいがちなNGスキンケアを3つご紹介いたします。

 

 

 

1. クレンジングも洗顔も要注意

メイク汚れや皮脂、汗などをしっかりと肌から落としてあげることが大切ですが、強い力を入れてこすったり、肌に摩擦を与えるような洗顔方法はNG。

肌に刺激を与えてしまうと角質層に傷をつけてしまい、肌トラブルや乾燥を引き起こします。

 

また、摩擦などを肌に与えるとメラノサイトという色素細胞が刺激されてシミや色素沈着が起こりやすくなります。

毎日のメイクを落とすときには、たっぷりのクレンジング剤を使って肌との摩擦力を極力小さくすることが大切です。

アイメイクなどの落としにくいパーツの場合には、専用のポイントリムーバーを使って、なるべく力を入れなくても落とせるように工夫しましょう。

 

洗顔時もたっぷりのきめ細かい泡を作って、肌の上で泡をすべらせるようなイメージで洗っていくようにするのがポイントです。

洗顔が終わったら顔の水分をタオルで押さえつけるようにしてオフします。ここでも肌に摩擦を与えないことが重要です。

 

2. 基礎化粧品の念入りなパッティングがNG!?

 

化粧水や美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品はたくさんあり、使用しているアイテムも人それぞれですが、実はこの基礎化粧品を使ってケアを行うときにもNG習慣が隠されています。

化粧水を塗るときには肌の奥深くまで浸透させようと、肌をパンパンと軽くたたいて塗り込む方がいますが、これこそがNGポイント。

 

先ほどの洗顔と同じように、肌に刺激を与えてしまうとメラノサイトが活性化してしまいシミがより濃くなってしまうのです。

もちろん化粧水だけでなく、美容液や乳液などのアイテムを塗るときも同じ。

 

基礎化粧品を肌に塗るときには、まずは手のひらで液やクリームを伸ばしてから肌に優しく塗っていきます。

肌への浸透力を高めたい場合にはパンパンと叩き込むのではなく、両手で肌を包み込んで、そのまま10秒ほどキープしておきましょう。

 

3. 紫外線対策は夏だけ! これは絶対にNG

 

紫外線というとシミの原因としてとても有名ですが、「紫外線=夏」というイメージから、冬に紫外線ケアを行うという方は少ないのではないでしょうか。

しかし、紫外線は年間を通して降り注いでいるもの。

日差しが強くないからといって日焼け止めを塗らずに外出し続けてしまうと、シミはどんどんと濃くなってしまいます。

日焼け止めを塗ることが肌への負担となると考える方もいますが、何も塗らずに紫外線の下に出るほうが肌へ大きな負担を与えてしまうのです。

冬でも紫外線カット効果のある化粧品を使ったり、日焼け止めを使用して紫外線対策を徹底していきましょう。

 

できてしまったシミは、丁寧なケアを継続させていくことで次第に薄くすることができます。

今回ご紹介したNGケアはつい行ってしまいがちですが、健やか肌を実現するためには今日から辞めることが大切です。

 

 

「洗顔やクレンジングを優しく行う」「パッティングではなくハンドプレスを行う」「紫外線ケアを徹底する」の3つに気をつけて、濃いシミを撃退していきましょう。

女性にとってシミはどうしても気になってしまう肌トラブルの1つですよね。

少しでも薄くしようとケアに励んでいるとう方も多いでしょう。

 

 

 

 

しかし、シミ解消のために行っているつもりのスキンケアが、実はシミを濃くする原因となっていることがあります。

今すぐに改善していかないと、シミだらけの老け顔となってしまうかもしれません。

 

毎日のスキンケアを見直して、シミによるお悩みを改善していきましょう。

つい勘違いして行ってしまいがちなNGスキンケアを3つご紹介いたします。

 

 

 

1. クレンジングも洗顔も要注意

メイク汚れや皮脂、汗などをしっかりと肌から落としてあげることが大切ですが、強い力を入れてこすったり、肌に摩擦を与えるような洗顔方法はNG。

肌に刺激を与えてしまうと角質層に傷をつけてしまい、肌トラブルや乾燥を引き起こします。

 

また、摩擦などを肌に与えるとメラノサイトという色素細胞が刺激されてシミや色素沈着が起こりやすくなります。

毎日のメイクを落とすときには、たっぷりのクレンジング剤を使って肌との摩擦力を極力小さくすることが大切です。

アイメイクなどの落としにくいパーツの場合には、専用のポイントリムーバーを使って、なるべく力を入れなくても落とせるように工夫しましょう。

 

洗顔時もたっぷりのきめ細かい泡を作って、肌の上で泡をすべらせるようなイメージで洗っていくようにするのがポイントです。

洗顔が終わったら顔の水分をタオルで押さえつけるようにしてオフします。ここでも肌に摩擦を与えないことが重要です。

 

2. 基礎化粧品の念入りなパッティングがNG!?

 

化粧水や美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品はたくさんあり、使用しているアイテムも人それぞれですが、実はこの基礎化粧品を使ってケアを行うときにもNG習慣が隠されています。

化粧水を塗るときには肌の奥深くまで浸透させようと、肌をパンパンと軽くたたいて塗り込む方がいますが、これこそがNGポイント。

 

先ほどの洗顔と同じように、肌に刺激を与えてしまうとメラノサイトが活性化してしまいシミがより濃くなってしまうのです。

もちろん化粧水だけでなく、美容液や乳液などのアイテムを塗るときも同じ。

 

基礎化粧品を肌に塗るときには、まずは手のひらで液やクリームを伸ばしてから肌に優しく塗っていきます。

肌への浸透力を高めたい場合にはパンパンと叩き込むのではなく、両手で肌を包み込んで、そのまま10秒ほどキープしておきましょう。

 

3. 紫外線対策は夏だけ! これは絶対にNG

 

紫外線というとシミの原因としてとても有名ですが、「紫外線=夏」というイメージから、冬に紫外線ケアを行うという方は少ないのではないでしょうか。

しかし、紫外線は年間を通して降り注いでいるもの。

日差しが強くないからといって日焼け止めを塗らずに外出し続けてしまうと、シミはどんどんと濃くなってしまいます。

日焼け止めを塗ることが肌への負担となると考える方もいますが、何も塗らずに紫外線の下に出るほうが肌へ大きな負担を与えてしまうのです。

冬でも紫外線カット効果のある化粧品を使ったり、日焼け止めを使用して紫外線対策を徹底していきましょう。

 

できてしまったシミは、丁寧なケアを継続させていくことで次第に薄くすることができます。

今回ご紹介したNGケアはつい行ってしまいがちですが、健やか肌を実現するためには今日から辞めることが大切です。

 

 

「洗顔やクレンジングを優しく行う」「パッティングではなくハンドプレスを行う」「紫外線ケアを徹底する」の3つに気をつけて、濃いシミを撃退していきましょう。

年齢肌が気になる…!たるみ毛穴の実態と対策

年を重ねるごとに気になるようになるのが、毛穴の開き。お肌のキメが乱れ、メイクのノリも悪くなってしまいます。

その原因は、肌のたるみが引き起こす「たるみ毛穴」と呼ばれるものかもしれません。

 

まずはたるみ毛穴がどういうものなのかをチェックして、毛穴と肌の両方を引き締める改善ケアを取り入れていきましょう。

 

 

<たるみ毛穴とは?>

 

たるみ毛穴とは、肌自体が加齢や乾燥などによってたるんだ結果、毛穴が引っ張られて縦に伸びた状態のこと。

毛穴をよく見てみると楕円形になっていて、開いているのが特徴です。

 

自分の毛穴がたるみ毛穴かどうか分からない場合は、毛穴が気になる部分の皮膚を軽く指で引き上げてみましょう。

この時に毛穴が目立たなくなったら、たるみ毛穴が発生している可能性大と言えますよ。

 

 

<たるみ毛穴ができる原因>

 

たるみ毛穴ができてしまう一番の原因は、肌の弾力低下。

紫外線や加齢などの影響で真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少すると肌がたる見やすくなり、同時に毛穴もたるんでしまうのです。

 

また、表情筋が衰えて硬くなると、皮膚が重力に負けて下に落ち込み、肌も毛穴もたるんでしまいます。

 

 

<たるみ毛穴を改善するケア方法>

 

上でお伝えしたように、たるみ毛穴を引き起こす要因は肌のたるみです。

すなわち肌のたるみを改善すれば、たるみ毛穴も徐々に目立たなくなるということ。

そのための具体的なケア方法を詳しく見ていきましょう。

 

・ビタミンC誘導体を含む化粧品を使う

肌のたるみを改善するには、真皮層のコラーゲンやエラスチンを増やすことが大切です。

そこで有効となるのが、「ビタミンC誘導体」を含む化粧品でのケアです。

ビタミンCを補うことで皮膚細胞を修復し、コラーゲンの生成を促すことができます。

 

おすすめのケア方法は、保湿効果の高い基礎化粧品に、ビタミンC誘導体配合の美容液をプラスすること。

たるみ毛穴と同時に小ジワも防いで、ハリとツヤのある若々しい肌へと導きます。

 

・表情筋を鍛える

肌のたるみを防ぐためには、表情筋が衰えないように普段から鍛えることが大切です。

簡単なエクササイズをこまめに実践して、肌も毛穴もリフトアップ効果を狙いましょう。

~表情筋エクササイズ+ストレッチ~

 

1.大きな口を開けて「あ・い・う・え・お」と5秒ずつ発音します。

2.頬を引き上げるように思いっきり笑顔になります。

3.最後に口をすぼめて左右にゆっくり動かし、頬の筋肉を伸ばして完了です。

一連の動作を1セットとして、1日5回ほど行いましょう。

 

・生活習慣を見直す

血行不良や睡眠不足も肌の新陳代謝を低下させ、弾力を失うきっかけになります。

普段から適度な運動やお風呂で体を温め、夜はできるだけ早く就寝して十分な睡眠をとるようにしましょう。

また、栄養不足になると肌も衰えるため、バランスの良い食事を摂って体の内側から健康な肌を作り出しましょう。

 

体の内と外からのケアで、たるみ毛穴を改善していきましょう。

毎日コツコツ続けていけば、きめ細やかなお肌をキープできますよ。

R2 事業再構築
R2 事業再構築