NMNの化粧品は、何がある?

NMNは、正式名称が「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質で、ビタミンB3に含まれる成分の一つです。ヒトやあらゆる生物に存在し、体内で自然に生成されている物質ですが、年齢とともに減少してしまうことが分かっています。

NMNは、体内でNAD+という物質に変換されます。NAD+は、細胞のエネルギー代謝に関わる重要な補酵素であり、以下のような様々な働きを持つことが分かっています。

  • サーチュイン遺伝子を活性化:サーチュイン遺伝子は、「長寿遺伝子」とも呼ばれ、老化を抑制し、寿命を延ばす効果があると考えられています。
  • DNA修復を促進:DNAは、細胞の設計図であり、加齢とともに損傷を受けやすくなります。NAD+は、DNA修復酵素の働きを助け、DNA損傷を修復する効果があります。
  • エネルギー産生を促進:NAD+は、細胞のエネルギー産生に関わる重要な役割を果たしています。

NMNは、サプリメントや化粧品として販売されています。NMNのサプリメントを摂取することで、以下の効果が期待できます。

  • 抗老化作用:サーチュイン遺伝子を活性化することで、老化を抑制し、寿命を延ばす効果が期待できます。
  • エネルギー向上:細胞のエネルギー産生を促進することで、疲労感や倦怠感を軽減し、エネルギーレベルを向上させる効果が期待できます。
  • 認知機能の改善:脳の神経細胞のエネルギー代謝を促進することで、認知機能の改善効果が期待できます。

NMNのサプリメントは、比較的安全性の高いサプリメントとされていますが、まれに下痢や吐き気などの副作用が現れることがあります。また、NMNのサプリメントの効果は、まだ十分に検証されていません。

NMN配合の化粧品は、肌のハリや弾力性を高め、シワやたるみを改善する効果が期待できます。

NMNは、老化対策や健康増進に役立つ可能性のある注目成分です。しかし、NMNのサプリメントや化粧品を使用する前に、医師や専門家に相談することが大切です。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が配合されている人気の化粧品は?

1. HBエッセンス - hb999 シリーズ-
株式会社ハッチィングの化粧品です。美容液となっており、NMNの他にも、ヒト臍帯血幹細胞培養上清液、スピルリナ、発酵プラセンタなどが配合されている、今話題の成分をたくさん配合された美容液となっております。

話題の美容成分99.9%!!HB999シリーズを使ってみた

最近よく幹細胞だったり、NMNだったりという言葉をよく耳にしていたのですが、今まで良く言えば、「サラサラ😎」悪く言えば「水っぽい😅」ライスフォースの化粧水を使っていたのですが、もう30歳はとうに過ぎて、35歳に差し掛かっているので😭😭😭
良い化粧品を使ってアンチエイジングをしていこうと思い、調べていた時に….👀
友人からハッチィングという会社のHBシリーズが良いよ!と薦められたので、使ってみようと思い、購入してみました🍓👌

決め手は、何といっても
ヒト臍帯血細胞順化培養液」(長い..。良くかけたな🙄自分でも感心)
NMN(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)」(こちらも長い..😹)
という、気になっていた美容成分、両方とも入っているということが決め手でした!!

また、このHBシリーズ「HBエッセンス」「HBゴールド」「HBロイヤル」「HBコラージェル」「HBジェルV」と、色々とお肌の悩みに沿った
化粧品があり、HB999 という名前の通り、どれも 99.9%美容成分でできているということが決め手でした😍😍

今回すべてのラインを買ってみたので、使用感だったり、どんな感じなのか、今度皆様にお伝えしますね😘😘

 

 

食べ過ぎた日、翌日のリカバリーケア

ダイエット中ではなくても、食べ過ぎた当日は「何かしらのケアをしないと…」と焦ってしまうもの。

しかし間違ったケアをするとかえって代謝を低下させ、脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。

ドカ食いで太らないためにはどうしたら良いのか、食べ過ぎた当日と翌日のケアに着目して詳しく解説します。

 

 

 

<食べ過ぎた日にするべきボディケア>

 

 

早めに寝る

ドカ食いしてしまうと、「カロリーを消費するために動かないと!」と慌ててしまいますよね。

しかし食べ過ぎた直後は、胃腸が一生懸命働いて食べ物を消化しています。

そんな時に動くと消化不良を起こし、かえって代謝が落ちて脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

食べ過ぎてしまった日は慌てず騒がず、胃腸が消化に集中できるように早めに就寝しましょう。

 

体の右側を下にして寝る

食べ過ぎた後に横になる場合は、体の右側を下にして寝るようにしましょう。

こうすることによって胃腸の動きを促したり、肝臓の血流をアップして代謝を促進することができます。

「お腹いっぱいで動けない…」という時も、右側を下にして20分ほど寝転がっておくだけで楽になりますよ。

さらに頭と足を少し高くした状態で寝ると、内臓全体の血流が良くなるので効果的です。

 

カリウムと水を摂取する

食事量が増えた日は、おのずと塩分も摂り過ぎているもの。

そのままでは体がむくんで代謝が落ちてしまうので、塩分排出作用のあるカリウムと水を積極的に摂るようにしましょう。

カリウムはバナナやスイカ、ヨーグルトなどに多く含まれているのでデザートとして食べると◎。

満腹で食べれない場合は、コップ1杯の水だけでも飲んでおきましょう。

 

お風呂よりシャワーが◎

食べ過ぎた直後に入浴する場合は、お風呂ではなくシャワーですませましょう。

なぜなら湯船に浸かると胃腸に負担をかけて、消化を遅らせてしまうためです。

ただし食べてから3時間以上経って胃も体も楽になっているなら、お風呂に入ってOKです。

代謝をアップさせるために水を飲み、ぬるめのお湯で半身浴を行いましょう。

 

 

<食べ過ぎた翌日にするべきボディケア>

 

 

食物繊維を摂る

ドカ食いをリセットするためには、翌日のケアも大切です。

食事の量は控えめにしつつ、余分な脂肪や老廃物を排出させる食物繊維を意識的に摂るようにしましょう。

中でもカロリーが低いこんにゃくや海藻類がおすすめです。

 

有酸素運動をする

食べ過ぎた当日にゆっくり休んだ分、翌日は運動でエネルギーを消費しましょう。

ただしまだ胃腸は万全でないため、激しい運動は禁物です。

 

 

 

ウォーキングや軽めのジョギングなどの有酸素運動を20~30分ほど行って、代謝を促進させましょう。

R2 事業再構築
R2 事業再構築