中華のマクロビコースが心ゆくまで楽しめるレストラン

中華のマクロビコースが心ゆくまで楽しめるレストラン

最近マクロビレストランにハマってます。
マクロビって聞くと、みんな和食のような定食のようなそんなもの思い浮かべるじゃないですか。

でも、中華のマクロビコースが楽しめるお店があるんですよ。

東京ステーションホテル内にある「カントニーズ“燕”ケン タカセ」です。

オーナーシェフは、マンダリンオリエンタルホテル東京「カントニーズダイニング SENSE」で初代料理長を務め、ミシュランスター店へと導いた高瀬健一氏がつとめ、野菜を活かしたヘルシーな新感覚の広東料理が味わえるんです。

料理は<美容・健康・アンチエイジング>をテーマに季節の食材を駆使し、内観はホテルのラウンジを思わせる、高級感あふれる落ち着いた雰囲気のお店です。

この海老の炒め物は、海老ではなくジャガイモデンプンと大豆粉でえび風にみたててる。面白いよね。
お肉も大豆ミートだったり、レスソルトでヘルシーなものばかりなんです。

食べることで美しさと健康的にもなれ、モダンで落ち着いた空間と共に、中華を心ゆくまで楽しめるので、みなさんも是非お試しあれ。

詳細
https://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/enkentakase/

Posts by K:シャッツ
Instagram https://www.instagram.com/k.schatz.0226/
Twitter https://twitter.com/KSchatz0226

@ Instagram

Follow us on Instagram

 

CATEGORY

エステサロン
美容室・ヘアサロン
ヘアメイク
ネイルサロン
整骨院
その他

RANKING

9032