洗顔も?シミを濃くするNG習慣とは

女性にとってシミはどうしても気になってしまう肌トラブルの1つですよね。

少しでも薄くしようとケアに励んでいるとう方も多いでしょう。

 

 

 

 

しかし、シミ解消のために行っているつもりのスキンケアが、実はシミを濃くする原因となっていることがあります。

今すぐに改善していかないと、シミだらけの老け顔となってしまうかもしれません。

 

毎日のスキンケアを見直して、シミによるお悩みを改善していきましょう。

つい勘違いして行ってしまいがちなNGスキンケアを3つご紹介いたします。

 

 

 

1. クレンジングも洗顔も要注意

メイク汚れや皮脂、汗などをしっかりと肌から落としてあげることが大切ですが、強い力を入れてこすったり、肌に摩擦を与えるような洗顔方法はNG。

肌に刺激を与えてしまうと角質層に傷をつけてしまい、肌トラブルや乾燥を引き起こします。

 

また、摩擦などを肌に与えるとメラノサイトという色素細胞が刺激されてシミや色素沈着が起こりやすくなります。

毎日のメイクを落とすときには、たっぷりのクレンジング剤を使って肌との摩擦力を極力小さくすることが大切です。

アイメイクなどの落としにくいパーツの場合には、専用のポイントリムーバーを使って、なるべく力を入れなくても落とせるように工夫しましょう。

 

洗顔時もたっぷりのきめ細かい泡を作って、肌の上で泡をすべらせるようなイメージで洗っていくようにするのがポイントです。

洗顔が終わったら顔の水分をタオルで押さえつけるようにしてオフします。ここでも肌に摩擦を与えないことが重要です。

 

2. 基礎化粧品の念入りなパッティングがNG!?

 

化粧水や美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品はたくさんあり、使用しているアイテムも人それぞれですが、実はこの基礎化粧品を使ってケアを行うときにもNG習慣が隠されています。

化粧水を塗るときには肌の奥深くまで浸透させようと、肌をパンパンと軽くたたいて塗り込む方がいますが、これこそがNGポイント。

 

先ほどの洗顔と同じように、肌に刺激を与えてしまうとメラノサイトが活性化してしまいシミがより濃くなってしまうのです。

もちろん化粧水だけでなく、美容液や乳液などのアイテムを塗るときも同じ。

 

基礎化粧品を肌に塗るときには、まずは手のひらで液やクリームを伸ばしてから肌に優しく塗っていきます。

肌への浸透力を高めたい場合にはパンパンと叩き込むのではなく、両手で肌を包み込んで、そのまま10秒ほどキープしておきましょう。

 

3. 紫外線対策は夏だけ! これは絶対にNG

 

紫外線というとシミの原因としてとても有名ですが、「紫外線=夏」というイメージから、冬に紫外線ケアを行うという方は少ないのではないでしょうか。

しかし、紫外線は年間を通して降り注いでいるもの。

日差しが強くないからといって日焼け止めを塗らずに外出し続けてしまうと、シミはどんどんと濃くなってしまいます。

日焼け止めを塗ることが肌への負担となると考える方もいますが、何も塗らずに紫外線の下に出るほうが肌へ大きな負担を与えてしまうのです。

冬でも紫外線カット効果のある化粧品を使ったり、日焼け止めを使用して紫外線対策を徹底していきましょう。

 

できてしまったシミは、丁寧なケアを継続させていくことで次第に薄くすることができます。

今回ご紹介したNGケアはつい行ってしまいがちですが、健やか肌を実現するためには今日から辞めることが大切です。

 

 

「洗顔やクレンジングを優しく行う」「パッティングではなくハンドプレスを行う」「紫外線ケアを徹底する」の3つに気をつけて、濃いシミを撃退していきましょう。

女性にとってシミはどうしても気になってしまう肌トラブルの1つですよね。

少しでも薄くしようとケアに励んでいるとう方も多いでしょう。

 

 

 

 

しかし、シミ解消のために行っているつもりのスキンケアが、実はシミを濃くする原因となっていることがあります。

今すぐに改善していかないと、シミだらけの老け顔となってしまうかもしれません。

 

毎日のスキンケアを見直して、シミによるお悩みを改善していきましょう。

つい勘違いして行ってしまいがちなNGスキンケアを3つご紹介いたします。

 

 

 

1. クレンジングも洗顔も要注意

メイク汚れや皮脂、汗などをしっかりと肌から落としてあげることが大切ですが、強い力を入れてこすったり、肌に摩擦を与えるような洗顔方法はNG。

肌に刺激を与えてしまうと角質層に傷をつけてしまい、肌トラブルや乾燥を引き起こします。

 

また、摩擦などを肌に与えるとメラノサイトという色素細胞が刺激されてシミや色素沈着が起こりやすくなります。

毎日のメイクを落とすときには、たっぷりのクレンジング剤を使って肌との摩擦力を極力小さくすることが大切です。

アイメイクなどの落としにくいパーツの場合には、専用のポイントリムーバーを使って、なるべく力を入れなくても落とせるように工夫しましょう。

 

洗顔時もたっぷりのきめ細かい泡を作って、肌の上で泡をすべらせるようなイメージで洗っていくようにするのがポイントです。

洗顔が終わったら顔の水分をタオルで押さえつけるようにしてオフします。ここでも肌に摩擦を与えないことが重要です。

 

2. 基礎化粧品の念入りなパッティングがNG!?

 

化粧水や美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品はたくさんあり、使用しているアイテムも人それぞれですが、実はこの基礎化粧品を使ってケアを行うときにもNG習慣が隠されています。

化粧水を塗るときには肌の奥深くまで浸透させようと、肌をパンパンと軽くたたいて塗り込む方がいますが、これこそがNGポイント。

 

先ほどの洗顔と同じように、肌に刺激を与えてしまうとメラノサイトが活性化してしまいシミがより濃くなってしまうのです。

もちろん化粧水だけでなく、美容液や乳液などのアイテムを塗るときも同じ。

 

基礎化粧品を肌に塗るときには、まずは手のひらで液やクリームを伸ばしてから肌に優しく塗っていきます。

肌への浸透力を高めたい場合にはパンパンと叩き込むのではなく、両手で肌を包み込んで、そのまま10秒ほどキープしておきましょう。

 

3. 紫外線対策は夏だけ! これは絶対にNG

 

紫外線というとシミの原因としてとても有名ですが、「紫外線=夏」というイメージから、冬に紫外線ケアを行うという方は少ないのではないでしょうか。

しかし、紫外線は年間を通して降り注いでいるもの。

日差しが強くないからといって日焼け止めを塗らずに外出し続けてしまうと、シミはどんどんと濃くなってしまいます。

日焼け止めを塗ることが肌への負担となると考える方もいますが、何も塗らずに紫外線の下に出るほうが肌へ大きな負担を与えてしまうのです。

冬でも紫外線カット効果のある化粧品を使ったり、日焼け止めを使用して紫外線対策を徹底していきましょう。

 

できてしまったシミは、丁寧なケアを継続させていくことで次第に薄くすることができます。

今回ご紹介したNGケアはつい行ってしまいがちですが、健やか肌を実現するためには今日から辞めることが大切です。

 

 

「洗顔やクレンジングを優しく行う」「パッティングではなくハンドプレスを行う」「紫外線ケアを徹底する」の3つに気をつけて、濃いシミを撃退していきましょう。

R2 事業再構築
R2 事業再構築