文学をテーマに現代的なアートを楽しむ

文学をテーマに現代的なアートを楽しむ

先日、気分転換も兼ねて国立新美術館で開催されていた「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」に行ってきました。 この展覧会は、国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展で、1950年代から1980年代生まれまでと幅広く、表現方法も映像や写真を用いたインスタレーションをはじめとして様々なものが展示されていました。 展覧会タイトルが示唆するように、本展では文学をテーマにしたものも多く、その中でもわたしが1番印象的だったのは、車のナンバープレートに書かれた「LIVE FREE OR DIE 」という言葉です。...