加齢とともに顔の筋肉のコリはどんどん深くなる!顔のコリの対策は?

40代になって顔のむくみが取れにくくなった気がすると感じていませんか?

顔の老化の最大のターニングポイントは35歳。その頃を境に顎のまわりが凝りはじめて口角が上がりにくくなっていくんです。そして、加齢とともに顔の筋肉の凝りはどんどん深くなるので、ケアしていない方は40代以降とてもむくみやすくなります。

顔の筋肉が固くなると、老廃物を流してくれるリンパの流れも悪くなり、肌の老化が加速するんですね。やせ弱った筋肉は重力に負けて支えきれなくなった脂肪とともに外だるみ状態になり、シワやしみ、くすみも出やすくなります。理想的で若々しい顔って、上ではなく、中央に引き上がっているんです。ケアをすることで、「センターリフト顔」を取り戻すことができるんですよ。もちろん、20代から行うことで老化を予防することもできます。

さらには顔の凝りが眼精疲労や頭痛を引き起こしていることもよくあります。最初頭痛薬を常用していたのに、顔の凝りがほぐれるにつれ、薬が必要なくなったという方もいます。そのくらい顔の筋肉の状態と、美容や健康はつながっています。

顔のコリをほぐすエアバリ

凝りをほぐすのに、手のマッサージではダメなのでしょうか。指だと肌の表層に近い部分はある程度ほぐせるのですが、なかなか筋肉の奥まで届かないんです。そこで、顔のコリをほぐすのに最適なのがエアバリです。

EMSで顔の筋肉を奥までほぐし、空気圧でツボを刺激する二つのアプローチで血行を促進、顔のコリを解消してくれます。

筋肉は刺激を与えるとだんだん若返ってくるもの。筋肉は何歳になっても、鍛えて若返らせることができます。鎧のような顔の凝りが取れてくると、自然と肌の調子もよくなり、疲れにくい顔になります。

現代人に多い悩みむくみ解消にはコレ!

寝不足やむくみで、体調やメイクののりなどなかなか気分が上がらない・・・。風邪をひいてしまい、せっかくの女子会をキャンセル・・・。

そんなことがないよう、今回は「むくみスッキリ対策」をご紹介します。

 

 むくみの原因

皆さんはいつむくみを感じることが多いでしょうか。立ち仕事や座り仕事など同じ体勢が続いた時、アルコールを飲み過ぎたり、夜遅くに食事をしたりしたとき、生理前など、様々な要因が考えられ、それらが重なり合い、むくみが続くと最近太ってきた…と勘違いしてしまうこともあるかもしれません。

むくみは血液中の余分な水分が皮下にしみ出し溜まっている状態です。

まずは、むくみの原因について解説します。

 

 

同じ姿勢が続く生活

立ち仕事だけでなく、座り仕事でも、同じ姿勢を続けることでむくみが起こりやすいです。足首やふくらはぎを動かさないことで血液中の水分が皮下にしみ出しやすくなります。

ヒールの高い靴を履くと歩いている時も足首が動きにくくなっているので、むくみが出やすいといわれています。

 

アルコールの飲み過ぎや、夜遅い食事をする習慣

アルコールの飲み過ぎや睡眠不足もむくみの原因のひとつです。楽しいお酒も、連日の寝不足が続かないように前もってスケジュールを組んでむくみ対策を立てておくことも大切です。

また夜遅くに食事をした場合は食事中の塩分により血液中の水分量が増した後、動かないことも重なって、水分が皮下にしみ出しやすくなってしまいます。

 

 

生理前や更年期などの女性特有の原因

生理前や更年期はホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れなどからむくみやすくなります。

 

 

水不足

水分不足を感じた体は、水分をため込むようにはたらくと考えられています。むくみを気にして水分摂取を控えるのは逆効果です。

 

 

運動不足や筋力の低下

足の血液は筋肉により心臓に戻されます。運動不足や筋力低下が原因で戻す力が弱まり、血流が滞ることで、血液中の水分が皮下にしみ出す結果となることが考えられます。

 

 

 むくみの症状が現れる疾患

むくみの症状があらわれる疾患があります。例えば、腎臓や肝臓の疾患、心臓の疾患、更年期特有の疾患などです。

 

 

 むくみの予防法

 体を動かし、筋力アップをこころがける

まずは足首を回したり、かかとを上げてつま先立ちしたりする動作を繰り返すなど、足を意識的に動かす時間をつくりましょう。膝を立て、指でヒザ裏を押すことで余分な水分が流れるようにサポートをすることも大切です。

運動不足を感じている人は、筋力が低下している可能性があります。スニーカーなど歩きやすい靴で歩く時間を作ってみるのも一つの方法です。

 

 お風呂につかり、水分をしっかり補給する

シャワー浴ではなく、湯船につかることで血流が改善されるといわれます。入浴は汗をかきますので、水分不足にならないように入浴後はもちろん、日ごろから水分補給を意識しましょう。この時、利尿作用のあるコーヒーやお茶は避けると良いでしょう。

 

 食事内容に気をつける

  • タンパク質

血液中のタンパク質であるアルブミンは血管の中と外の水分量の調節に関わっていると考えられています。減量のために、メインのおかずの量を減らしすぎたり、食事を抜いたりしているとタンパク質不足が影響してむくみになる可能性があります。

血液中の水分バランスのためにもタンパク質はしっかりと補いましょう。

 

  • ビタミンB群

ビタミンB群は糖質、脂質、アルコール、水分の代謝を助ける作用があるので体内バランスを整えるのに適していると考えられます。

また、生理前など女性ホルモンのバランスが崩れやすい時にむくみが出やすい場合は、女性ホルモンへの作用をサポートするビタミンB6の補給を心がけてみましょう。

 

  • ナトリウムとカリウムのバランス

体内の水分バランスはナトリウム(食塩)とカリウムによって調節されています。塩分の多い料理を食べすぎた時や、夜遅くに食事を摂る場合は特に「カリウム」を意識して摂ることをオススメします。

カリウムを多く含む食べ物はバナナ、ドライトマト、ヨーグルト、アボカド、ココナッツウォーター、ドライアプリコット、枝豆などです。

R2 事業再構築
R2 事業再構築